フィールドロジックの沿革

沿革

History
2007年 4月 株式会社フィールドロジック 資本金900万円にて設立
本社を京都府宇治市に開設
7月 東京営業所を東京都東村山市に開設
10月 NEDOフィールドテスト用 計測システム開発・販売開始
Beans、Festaをリリース
2008年 10月 H20年度 NEDOフィールドテスト対応(HULFT)版リリース
2009年 7月 資本金2,100万円に増資
2010年 3月 DataCubeリリース
6月 資本金2,600万円に増資
子会社 株式会社インタープローブ設立
7月 スクールニューディールパッケージ(教育支援ソフト)販売開始
9月 東京営業所を川崎に移転
2011年 6月 資本金3,100万円に増資
10月 Festa2リリース、solmoリリース
2012年 6月 Intersolar2012出展
9月 固定買取制度対応 遠隔監視システム販売開始
11月 Web遠隔監視システム サービス開始
2013年 1月 大阪開発オフィスを東梅田に開設
3月 solamame®サービス開始
6月 資本金4,600万円に増資
10月 本社を大阪中之島に移転
FLECSリリース、Gearリリース
2014年 1月 DataCube2リリース
6月 資本金5,000万円に増資
10月 大阪プロダクトセンターを大阪福島に開設
11月 大阪開発オフィスを肥後橋に移転
12月 関連会社 株式会社フィールドロジックデータサービス設立
2015年 1月 solamame®Ver2リリース
2016年 2月 cromameサービス開始
3月 FL-PODリリース
4月 大阪開発オフィスを本社に統合