旧ルール制御システム

PCS操作をボタン1つで

電力の消費が少ない休日でも、
消費が急激に減少する昼休みなどの時間帯でも、
逆潮流を抑制することができます。

旧ルールの課題を解決

課題

現場操作による制御

旧ルールが適用される発電設備は、電力会社からの電話やメールで(翌日の)出力制御の要請がきます。 この要請に対し、発電事業者は電力会社の指示通りにPCS操作して出力制御を行う必要があります。
PCS操作を行う際、毎回現場まで訪問している発電事業者が多く、運用に対して様々な課題が挙がっています。

出力制御システムで解決

遠隔操作による制御で、現地訪問が不要

出力制御要請に対し、「制御システム」ではPCやスマホからPCS操作することが可能です。
毎回現場まで訪問する必要がないため、人件費・移動費などの対応コストを削減できます。

システムの構成イメージ

自家消費向け出力制御システムの構成図

PCやスマホ、タブレット端末などを用いて、Webアプリケーションから制御設定を行います。
設定内容に則り、現地の出力操作ユニットからPCSに対して制御命令を出力します。

システムの特長

制御対応の手間と費用を軽減

毎回、制御作業だけのために発電設備を往復していると、移動費・人件費などの作業コストが発生します。
「旧ルール 制御システム」があれば、現場の作業コストを削減し、快適な制御対応が行えます。

早期復旧で発電効率UP

予め制御画面でPCSの停止・復旧の予定を設定できます。
そのため、現場訪問とは違い、復旧が遅れる心配もないため発電機会を逃しません。


現場操作による復旧

毎回現場まで駆け付けて復旧させる場合、「急に作業員を派遣できなくなった」「渋滞で現場に遅れる」などの 予期せぬ問題が発生し、貴重な発電機会を逃してしまうリスクがあります。


「旧ルール 制御システム」による復旧

「旧ルール 制御システム」では、復旧させるために現場に訪問する必要がありません。 また、PCSの復旧日時を登録する機能を搭載しているため、効率的な復旧および発電を行うことができます。

簡単操作でPCS制御

日時を予約して自動制御

旧ルールに適用している案件では、制御日の前日に制御スケジュールの連絡が来ます。
本画面では、スケジュールの内容に沿ってPCSの運転・停止する日時を予約するだけで、設定した日時に自動で出力制御を行えます。 ※本画面では、制御命令を行うだけの専用画面となります。
※PCSの状態を確認する場合は、別途Webモニタリングサービスを利用する必要があります。


お客さまのタイミングで手動制御

急遽制御する必要が発生した場合でも大丈夫です。
本画面から、PCSの運転・停止の制御指示を即時実行することが可能です。 ※本画面では、制御命令を行うだけの専用画面となります。
※PCSの状態を確認する場合は、別途Webモニタリングサービスを利用する必要があります。